同じ白髪染めでも全然違う!ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは?

*
白髪染め大辞典|失敗しない白髪染めの選び方 > 白髪染め知識 > 同じ白髪染めでも全然違う!ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは?

同じ白髪染めでも全然違う!ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは?


白髪染めをする際に、ヘアカラーかヘアマニキュア、どちらにするか悩んだ事はありませんか?

同じ白髪を染めるものでも、それぞれの仕上がりや特徴は異なります。

ここではその違いについて説明していきますので、白髪染めをする際に迷っている方や悩んでいる方は是非参考にしてください。

<ヘアカラーの特徴>

ヘアカラーは髪の毛の色素を抜き、その上から色を入れていきます。

表面だけではなく髪の内部まで色を入れるので、しっかりと白髪を染めたい場合や染めた色を長持ちさせたい方におすすめです。

個人差はありますが、平均すると1~2か月はもちますのでこの期間を目安に色を入れ直しておくと良いでしょう。

染めた色をより長く持続させたい場合は、穏やかな洗浄力のシャンプーを使用するなどの工夫をしましょう。

洗浄力の強いシャンプーを使用すると入れた色が抜けやすくなる可能性があります。

デメリットとして挙げられるのは、髪の内部のメラニン色素を抜いて色を入れていくため、髪を傷めやすいという点です。

一般的にカラー剤は地肌に刺激を与える成分も多いので、染める前にはパッチテストが必要です。

<ヘアマニキュアの特徴>

ヘアマニキュアは髪のメラニン色素を分解せず、髪の表面に染料を塗って髪をコーティングします。

髪や頭皮にダメージを与えずに白髪染めが出来るので髪が傷んでいる方や健康な髪を維持したいという方、カラー剤などの刺激に弱い方におすすめです。

髪への負担が少ないので頻繁に染めたり、色を変えたりすることも出来ます。

デメリットとして挙げられるのは、カラー剤で染める場合と比べて色の入り方が少々劣るという点や、髪の表面を色素でコーティングするだけなので色が抜けやすいという点です。

シャンプーの度に徐々に色が落ちていき、2~3週間ほどで元の髪色に戻っていくのでこの期間を目安にとして定期的に色を入れ直していくと良いでしょう。

そうすることで綺麗な髪色を維持することが出来ます。

同じ白髪染めでも全然違う!ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは?関連ページ

染め残しで目立つ場所、生え際にできた白髪の上手な染め方
<染めやすい白髪染めを選ぶ> 生え際の白髪の染め方として、まずは髪の根元にまでうまく入り込んでくれる白髪染めを選びましょう。自分一人でやってみる場合は特に、・泡ムース・ヘナ(ヘンナ)などがオススメです。泡ムースは事前準備 […]
アレルギーに注意!ジアミン系薬剤の危険性を知ろう
<知ってた?ジアミン系薬剤の危険性> 一般的に、アルカリ性の成分が含まれたヘアカラーに比べて、トリートメントを配合しているヘアカラートリートメント、いわゆる白髪染めは、髪に良い成分が含まれていることが多いです。しかし、中 […]
自宅で白髪染めを行うメリットとデメリット
<自宅で白髪染めを行うメリット> 白髪染めを自宅で行う方も多いかと思われますが、長所は何と言ってもすぐに染める事ができる事ではないでしょうか。美容院で染めてもらう場合ですと、予約をしたりお店まで行ったりする必要があります […]
美容院で白髪染めを行うメリットとデメリット
<美容院で白髪染めをするメリット>最大の長所は、後頭部や側頭部など自宅の白髪染めでは確認しづらい部分がきれいに染まることです。塗り残しやムラのない仕上がりになります。特に後頭部や生え始めの短い髪の毛は、ムラができやすく美 […]
pH値アルカリ性の白髪染めの特徴と知っておきたい問題点
白髪があると老けて見えるため、とても気になるものです。そこで白髪染めを使って染めている人も多くいますが、一口に白髪染めといっても実はpHの違いによって種類があります。大きく分けるとpH7未満・7~8.5、8.5以上の3種 […]
昆布に含まれるフコイダン成分が髪に保湿に効果的
<白髪染めのお悩み> 白髪染めは何度も繰り返して行うため、染めた部分が傷んでしまうのでないかと心配される方もいらっしゃると思います。特に白髪を染めるのを繰り返すと髪がごわついてパサパサになり、うるおいやつやもなくなるとい […]
生活習慣の見直しで白髪を予防しましょう
<白髪染め以外にも必要?生活習慣の見直し>白髪が気になると、やはりすぐ白髪染めでなんとか改善できないかと考えがちです。確かに、目立ってきたら染めればいいわけですが、それ以外にも白髪ができるメカニズムを知ることで少しでも白 […]
知っておきたい!酸化染毛剤(ヘアカラー)の長所と短所
<酸化染毛剤の長所> 白髪染めには、酸化染毛剤が含まれています。ヘアカラーやヘアダイ、おしゃれ染めと呼ばれることもあります。一般的な酸化染毛剤はPH値が10~12のアルカリ性で、キューティクルを強制的に開きカラーを髪内部 […]