昆布に含まれるフコイダン成分が髪に保湿に効果的

*
白髪染め大辞典|失敗しない白髪染めの選び方 > 白髪染め知識 > 昆布に含まれるフコイダン成分が髪に保湿に効果的

昆布に含まれるフコイダン成分が髪に保湿に効果的


<白髪染めのお悩み>


白髪染めは何度も繰り返して行うため、染めた部分が傷んでしまうのでないかと心配される方もいらっしゃると思います。

特に白髪を染めるのを繰り返すと髪がごわついてパサパサになり、うるおいやつやもなくなるというお悩みが多いようです。

せっかく髪色がきれいに仕上がってもパサパサでまとまりがなくなれば他者の目にも傷んで見えてしまうので非常に残念です。

そこで、フコイダンを含む昆布を使用した白髪染めがおすすめです。

<保湿に効果的なフコイダン>


フコイダンはミネラル豊富な海藻類に含まれているネバネバ成分です。

海藻類のなかでもワカメやメカブよりも特に昆布に多く含まれており、傷んだ髪の毛を効果的に補修する働きがあるとして、注目されています。

また、フコイダンは保湿、保水に優れた成分としても人気を集めています。

さらに、フコイダンは、毛母細胞に作用するため、育毛効果があるといわれています。

他にも、PHを調整して頭皮の健康を維持し、アレルギーを抑制する作用もあるとされてます。

最近では、このような効果が期待できるフコイダンを含んだ商品が注目されています。

気になる部分を自然な色に染めて若々しく見せると同時に、フコイダンの保湿、補修、育毛作用により、健康維持も図ることができます。

トリートメントもできる白髪染めといってもよいでしょう。

また、肌や体質そのものが敏感で乾燥しやすい方やアレルギーを起こしやすい方は、美容院などで多く使用されている通常のヘアカラーや、人工的に合成された化学成分が主体となっている市販の白髪染めを使うとコンディションが悪化し、かゆみを感じたり、赤みが出たり、アレルギー症状を起こしやすくなったりすることも少なくないようです。

そのような方にも天然素材である昆布を使用した白髪染めは、自然派で配合成分にこだわっている商品が多いのでおすすめです。

また、これらの商品のほとんどは自分で染めることができるので、経済的で便利です。

昆布に含まれるフコイダン成分が髪に保湿に効果的関連ページ

染め残しで目立つ場所、生え際にできた白髪の上手な染め方
<染めやすい白髪染めを選ぶ> 生え際の白髪の染め方として、まずは髪の根元にまでうまく入り込んでくれる白髪染めを選びましょう。自分一人でやってみる場合は特に、・泡ムース・ヘナ(ヘンナ)などがオススメです。泡ムースは事前準備 […]
同じ白髪染めでも全然違う!ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは?
白髪染めをする際に、ヘアカラーかヘアマニキュア、どちらにするか悩んだ事はありませんか?同じ白髪を染めるものでも、それぞれの仕上がりや特徴は異なります。ここではその違いについて説明していきますので、白髪染めをする際に迷って […]
アレルギーに注意!ジアミン系薬剤の危険性を知ろう
<知ってた?ジアミン系薬剤の危険性> 一般的に、アルカリ性の成分が含まれたヘアカラーに比べて、トリートメントを配合しているヘアカラートリートメント、いわゆる白髪染めは、髪に良い成分が含まれていることが多いです。しかし、中 […]
自宅で白髪染めを行うメリットとデメリット
<自宅で白髪染めを行うメリット> 白髪染めを自宅で行う方も多いかと思われますが、長所は何と言ってもすぐに染める事ができる事ではないでしょうか。美容院で染めてもらう場合ですと、予約をしたりお店まで行ったりする必要があります […]
美容院で白髪染めを行うメリットとデメリット
<美容院で白髪染めをするメリット>最大の長所は、後頭部や側頭部など自宅の白髪染めでは確認しづらい部分がきれいに染まることです。塗り残しやムラのない仕上がりになります。特に後頭部や生え始めの短い髪の毛は、ムラができやすく美 […]
pH値アルカリ性の白髪染めの特徴と知っておきたい問題点
白髪があると老けて見えるため、とても気になるものです。そこで白髪染めを使って染めている人も多くいますが、一口に白髪染めといっても実はpHの違いによって種類があります。大きく分けるとpH7未満・7~8.5、8.5以上の3種 […]
生活習慣の見直しで白髪を予防しましょう
<白髪染め以外にも必要?生活習慣の見直し>白髪が気になると、やはりすぐ白髪染めでなんとか改善できないかと考えがちです。確かに、目立ってきたら染めればいいわけですが、それ以外にも白髪ができるメカニズムを知ることで少しでも白 […]
知っておきたい!酸化染毛剤(ヘアカラー)の長所と短所
<酸化染毛剤の長所> 白髪染めには、酸化染毛剤が含まれています。ヘアカラーやヘアダイ、おしゃれ染めと呼ばれることもあります。一般的な酸化染毛剤はPH値が10~12のアルカリ性で、キューティクルを強制的に開きカラーを髪内部 […]