美容院で白髪染めを行うメリットとデメリット

*
白髪染め大辞典|失敗しない白髪染めの選び方 > 白髪染め知識 > 美容院で白髪染めを行うメリットとデメリット

美容院で白髪染めを行うメリットとデメリット

<美容院で白髪染めをするメリット>



最大の長所は、後頭部や側頭部など自宅の白髪染めでは確認しづらい部分がきれいに染まることです。

塗り残しやムラのない仕上がりになります。

特に後頭部や生え始めの短い髪の毛は、ムラができやすく美容院に任せるほうが良いです。

髪の毛が多い人や白髪の量が多い人、髪が長い人におすすめです。

また、染料は一度皮膚や衣服に付いたら、なかなか落とせません。

手に付いた染料は手を黒や茶色に染めてしまい、清潔感がなくなります。

わざわざ手を洗う手間が省けることは便利です。

色の調整も赤系やグレー系、黒系、ブラウン系など市販の白髪染めにはない微妙な色合いを楽しめます。

自宅で染めるより、色落ちしないので、何度も染め直すのが面倒な人に適しています。

パーマをかけていたり、髪がひどく傷んでいたりする場合は、美容師にダメージが少ない染料を使ってもらって、髪の毛の痛みを補修できます。

<美容院で白髪染めをするデメリット>



お店まで行く必要があります。

そのための時間をあらかじめ用意し、予約を取らなければなりません。

仕事で忙しい場合は、土日しか予約を入れられません。

しかし土日には混み合っていることが多く、白髪染めを行うのに時間がかかる可能性があります。

自分の好きな時間に通えないので、時間に縛られたくない人には不向きです。

また美容院で使われる染料は業務用なので、市販のものと比べると匂いが強かったり、頭皮にしみて痛かったりします。

肌が弱いと利用できないこともあります。

さらに最大の短所として、費用が高いことが挙げられます。

市販では数百円から数千円で済むことが、施術代で何千円も取られます。

もし交通機関を使って通っていたら、その分の交通費も加算され、経済的に大きな負担となります。

生え際に少し白髪が目立ってきたり、髪の毛が短いために色ムラが起こりにくかったりする人は、自宅で染めたほうがコストパフォーマンスが良いです。

美容院で白髪染めを行うメリットとデメリット関連ページ

染め残しで目立つ場所、生え際にできた白髪の上手な染め方
<染めやすい白髪染めを選ぶ> 生え際の白髪の染め方として、まずは髪の根元にまでうまく入り込んでくれる白髪染めを選びましょう。自分一人でやってみる場合は特に、・泡ムース・ヘナ(ヘンナ)などがオススメです。泡ムースは事前準備 […]
同じ白髪染めでも全然違う!ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは?
白髪染めをする際に、ヘアカラーかヘアマニキュア、どちらにするか悩んだ事はありませんか?同じ白髪を染めるものでも、それぞれの仕上がりや特徴は異なります。ここではその違いについて説明していきますので、白髪染めをする際に迷って […]
アレルギーに注意!ジアミン系薬剤の危険性を知ろう
<知ってた?ジアミン系薬剤の危険性> 一般的に、アルカリ性の成分が含まれたヘアカラーに比べて、トリートメントを配合しているヘアカラートリートメント、いわゆる白髪染めは、髪に良い成分が含まれていることが多いです。しかし、中 […]
自宅で白髪染めを行うメリットとデメリット
<自宅で白髪染めを行うメリット> 白髪染めを自宅で行う方も多いかと思われますが、長所は何と言ってもすぐに染める事ができる事ではないでしょうか。美容院で染めてもらう場合ですと、予約をしたりお店まで行ったりする必要があります […]
pH値アルカリ性の白髪染めの特徴と知っておきたい問題点
白髪があると老けて見えるため、とても気になるものです。そこで白髪染めを使って染めている人も多くいますが、一口に白髪染めといっても実はpHの違いによって種類があります。大きく分けるとpH7未満・7~8.5、8.5以上の3種 […]
昆布に含まれるフコイダン成分が髪に保湿に効果的
<白髪染めのお悩み> 白髪染めは何度も繰り返して行うため、染めた部分が傷んでしまうのでないかと心配される方もいらっしゃると思います。特に白髪を染めるのを繰り返すと髪がごわついてパサパサになり、うるおいやつやもなくなるとい […]
生活習慣の見直しで白髪を予防しましょう
<白髪染め以外にも必要?生活習慣の見直し>白髪が気になると、やはりすぐ白髪染めでなんとか改善できないかと考えがちです。確かに、目立ってきたら染めればいいわけですが、それ以外にも白髪ができるメカニズムを知ることで少しでも白 […]
知っておきたい!酸化染毛剤(ヘアカラー)の長所と短所
<酸化染毛剤の長所> 白髪染めには、酸化染毛剤が含まれています。ヘアカラーやヘアダイ、おしゃれ染めと呼ばれることもあります。一般的な酸化染毛剤はPH値が10~12のアルカリ性で、キューティクルを強制的に開きカラーを髪内部 […]